ヘルシーオフィスフー>>>メタボ対策

全国独立系栄養士・管理栄養士のための 専門家ネットワーク

自らの経験を社会に生かすために 栄養士として独立し
あるいは独立 目指す方を支援するための ネットワークです。

これを知らずにメタボ改善はできない!40歳男性のだめのメタボ改善テク。

メタボが気になる40代の男性のかたへ

今、なぜメタボなんだ!?…

そもそも「メタボ」ってなんだ!?…という疑問をもっていませんか?
まずは、今さら人に聞けない、そのような素朴な疑問にお答えします。

「メタボ」とは、メタボリックシンドロームの略語で、一言でいうと、
「内蔵脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態」 を指します。

H20.4月から実施されている、いわゆる「メタボ検診」こそが、まさしくその「内蔵脂肪型肥満」
の状態を見極めるために非常に大切な検診なのです。

また、この「メタボ」が注目されるひとつには、内臓脂肪の蓄積が肥満、高血圧、高コレステロール、
高血糖などのリスクと深い関係があり、これらが何もない人に比べて心血管の病気が、高い場合で
「30倍以上」にもなると言われているところにあるのです。
(労働省作業関連疾患総合対策研究班調査より)

40代以上の男性の2人にひとりがメタボ対象者…ってことご存知でしたか?
実は、日本人の働き盛りの40代以上の男性の2人にひとりが
メタボ対象者なのです。

さらに、軽度で見過ごしてしまう場合や条件が重なるほど病気を発症する危険度が高く、
発症が急速に加速するとの報告もあるのです。(平成16年 国民健康・栄養調査より)

ピンチをチャンスに変える時!

H20.4月からの医療改革はメタボ検診をすることで年々増え続け医療費を圧迫するであろう生活習慣病を
予備軍の段階から改善を促そうという施策。

また、メタボ改善率が健保組合の財政ペナルティになることも考えられることから働き盛りの男性に
とっては、健康を見直す絶好のチャンスといえます。

鏡に映る自分の姿…「ヤバいなっ」でも
「まだ大丈夫」と自分自身にいいきかせていませんか?

メタボ危険度チェック

いくつ当てはまるかチェックしてください。

さて、チェックはいくつでしたか?

メタボ予備軍
いよいよメタボ
すっかりメタボ
危険なメタボ

メタボを乗り切る…素人の常識、プロの非常識

食べたカロリー以上の運動をすればいいと、カンタンに思っていませんか?

居酒屋メニュー編

鶏のから揚げ 3切れ 181kcal
串カツ(豚肉) 2本 358kcal
焼き鳥 3本 203kcal
枝豆 1皿 70kcal
生ビール 500ml 400kcal
合計 1212kcal

だとすると・・・

もしもあなたがオリンピックの選手だとしたら1212kcalを消費するのに66分間も全力で走り続け
なければ行けません。

あなたは1時間以上も全力で走れますか?

メタボはあなたの生活習慣から生まれます。「太りはじめ」のケアが肝心。運動だけではダイエット
効果は半減です。だから男性のダイエットは食事と運動のバランスが大切なのです。

無理な減量などせずおいしく食べて健康になる方法をヘルシーオフィスフーの管理栄養士へお気軽に
ご相談ください

詳しい内容は、ヘルシーオフィスフーの お問い合わせへ >>>

foo's contents